New Room314 談話室



カテゴリ:[ 趣味 ]


新着順:1/17
記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》


[18] ナット幅の変更

投稿者: D爺(管理人) 投稿日:2017年 4月 9日(日)08時44分49秒 nttkyo705141.tkyo.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

 LPのグリップのリシェイプとナット幅変更についてお問い合わせの書き込みをいただきましたので、所有している同様のリペアの例をご覧いただこうと思います。

 長年PEーR80を愛用していますが、ナット幅が43mmなのが気になっていました。数年前に60を入手したので試みにナット幅変更をしました。指板にバィンディングが無いとは言え大掛かりなリペアになりました。

 ちなみに現行モデルは判りませんが、80年台の同モデルのブリッジは10mmピッチです。さらにネックエンド幅はSTMシリーズと同等の幅です。ロッドの関係で厚みは同等まで薄く出来ませんでしたので、グリップ形状はST314と同等に出来ました。

 DG工房の製品のブリッジの基本仕様の弦間ピッチを10.5mmピッチに拘っているのは、ネックエンドの幅をSTMシリーズと同等に出来ることが大きな要因になっています。

 通常のLPですとネックエンドの幅がストラト等より幅があるのでナット幅を狭くしてグリップの厚みをSTMシリーズと同じに薄くしてもと同等のネックにするのは難しい様に思います。指板エンドの幅も狭くするにはボディまで加工が必要になります。


新着順:1/17
記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.