teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


勇気の意味

 投稿者:監督  投稿日:2017年 9月17日(日)22時01分50秒
返信・引用
  三連休は、台風の影響もあり、予定していた活動は中止となりました。
ひさびさのゆっくりした週末だったかも知れませんが、勢門ウインガーやそのサポーターには、時間を持て余したかも知れませんね…

最終日のアビ・ギラフットサルフェスタについては、予定通り行われることとなりました。
先日のフットサルリーグでは、最終戦績2位という結果を残しつつも、最後のTRMでは、力の差を見せつけられる内容と結果となりました。
しかし、
「負けた試合にほど、学ぶべきことが多い。」
と言います。
苦しく、悔しい試合の内容と向き合い、
「何で負けたのか?」
「何が足りなかったのか?」
結果から、今の自分の等身大の姿と向き合うことが大切です。

そうてす。そこが次へのスタート地点です。

課題としてあるのは、『スピード』です。
「状況把握」「次のプレイの選択」「攻守の切り替え」と様々です。
フィジカルではなく、訓練の中で高めていくことができるものを高めていくことが重要です。

また、「スピード」を高める方法として、もう一つの方法として、「スキルの活用」があります。
その1「ポジショニング」
その2「身体の向き」
その3「ダイレクトプレー」
その4「半身」
その5「動き直し」

これまで自分自身が積み上げて来たものが、どれだけ通用するかチャレンジ!


今の自分自身の力をどれだけさらけ出して、チャレンジできるかが次の成長への鍵となります。


勝ちたい…というサッカーへの思い、仲間への気持ち…
それが強ければ強いほど、勇気か沸いてくる。


明日は、その勇気が見たい…

勝ちたい… 仲間と共に…
その気持ちに自信をもてない選手は、勢門ウイングスにはいないのですから…
 
 

気が付いてくれればいいな

 投稿者:サポーター  投稿日:2017年 7月13日(木)01時26分38秒
返信・引用
  実力の差は  努力の差
実績の差は  責任感の差
人格の差は  苦労の差
判断力の差は  情報の差

真剣だと「知恵」が出る
中途半端だと「愚痴」が出る
いい加減だと「言い訳ばかり」

本気でするから「大抵の事は出来る」
本気でするから「何でも面白い」
本気でするから「誰かが助けてくれる」

ウイングス頑張れ!!
 

今年の親睦会

 投稿者:監督  投稿日:2017年 7月 3日(月)19時58分57秒
返信・引用
  今年も例年同様に新入部員を歓迎する親睦会が開かれました。

今年、部員が減少し、当然、それに比例して保護者の人数も少なくなります。

しかし、OBたちに支えられて、多くの保護者やかつての仲間たちも駆けつけてくれてて、例年同様に盛り上がりました。

本当に感謝です。

たくさん、保護者の方々と話をして、ありがたい楽しい時間でした。


そんな中、私がチームに来て、25年を迎え、記念アルバムをサプライズで準備してくれていました。

現役の選手たち、多くのOBたちから、のメッセージが綴じられたら記念アルバムは、本当に驚きました。

大変だったことだろう…
つくられた方々や関わった人たちの苦労が感じられ、そのメッセージを読むと、多く目に付く言葉は
「きつかった…」
「あの時を思えば、何でも乗り越えられる…」
どんだけきついことさせていたのか…って今ごろ、思う…
しかし、
「一番楽しかった。」
「一番充実してた。」
との言葉も…

OBたちの言葉には、自分から言われた言葉が、当時を思い出しいくつも書かれていた。
時を越えて、変わっていない…

成長していない自分がいるのかもしれない…

でも、その言葉を今も、忘れず胸に刻み、頑張っているOBたちには、頭が下がります。


始まりはこの場所にあったかも知れません。


しかし、その時を経て、成長したのはあなた自身。
頑張り続けたのはあなた自身です。

胸を張り、今後も走りつづけて下さい。

人としての成長を感じずにはいられません。


そんな感謝の1日でした。



ありがとうございました。

 

低学年の試合

 投稿者:監督  投稿日:2017年 5月13日(土)19時33分25秒
返信・引用
  本当にひさびさに低学年の試合を観に行きました。

3年生を相手に2年生5人と4年生1人で挑みました。

初戦は負けちゃったようですが、自分が見た試合から、なんと3連勝!!!

一緒に練習もできたし、最後まで頑張り抜く姿に、とても楽しい1日でした。

少しの練習でしたが、ちょっとした意識の変化でみるみるプレイが変わっていく…。
子どもたちって本当にすごいですね。



何を目指し、何を積み上げていくのかを明確にしていくことは、子どもたちの頑張りを成長に繋げていくうえでとても重要です。


それを考えるのは、今はまだその大部分は大人の役目です。


大人は人として、指導者はサッカー選手として、しっかり今、積み上げていく経験とそこから、成長させたい姿を共に見つめていきましょう。



明日は6年生も2年生も試合です。

共に頑張ろう!
 

勢門ウイングス サッカー体験会

 投稿者:会長  投稿日:2017年 3月21日(火)00時32分59秒
返信・引用
  三連休の最終日、チーム初の体験会を開催させて頂きました。本当に集まってくれるのかと不安な日々を送りつつも、きっと来てくれると信じてました。

チームスタッフを始め、選手、OB、保護者がチームの決まり事である「みんなで」「本気で」「技術で」行った結果11人もの参加者が来てくださいました。

御協力ありがとうございました。
最初から参加できなかったのがとても残念です。

これからも御協力の程、宜しくお願い致します。
 

今年度公式戦終了

 投稿者:会長  投稿日:2017年 1月27日(金)00時36分27秒
返信・引用
  勢門ウイングスの今年度公式戦が終了しました。
残念ながら一次リーグ敗退。6年生不在のチーム。もう中学生になる相手との勝負。体格差や身体能力でかなり厳しい戦いとなりました。県大会前からの大スランプ。1回戦で敗退した事で、みんな悔しい思いをしたでしょう。その上、なかなか本調子に戻れず、苦しい時間を過ごしたのではないかと思います。

週末の試合でようやく明るい兆しが見えてきたと感じました。選手達の表情にも違いがわかりました。
U11での快進撃で得たハズの自信が、U12ではなかなか通用しなかった。1学年違うだけで、こんなに差があるのか。そこから生まれた不安や迷い。
これを経験出来た事は、ウイングスの選手にとってかなり大きな財産だと思います。1学年違うから敗戦は仕方がないとは言いません。
なぜならば、今年はU12で勝つ!
これが目標だったからです。
初蹴りの時に誓った目標。達成出来なかったことを、何人の選手が悔しがり、反省し、練習しているか。そこが大切です。
サッカー選手の前に、1人の人間としても重要な事だと思います。

もうすぐ6年生になるにあたり、人としての成長を期待しています。
自分で出来ることは自分でやる。
今何をしないといけないのか。状況判断。
誰かがするだろう。してくれるだろうの甘い考えの廃止。そして最後に【仲間を思う気持ち】。

何度も言ってます。この仲間とサッカーが出来るのはあと1年しか無いんだと。

大好きな仲間と大好きなサッカーが出来る喜び。そして勝つ喜び。

来年度の公式戦で暴れる姿を期待しています。厳しい寒さが続いてますが、カップ戦も沢山入っています。風邪や怪我をしないようしっかりケアをしてください。

最高の仲間と県大会目指して頑張れ!!
 

今年もよろしくお願いします!

 投稿者:監督  投稿日:2017年 1月 4日(水)11時17分21秒
返信・引用
  昨日、初蹴りが行われ、毎年のごとく保護者サポーターの方々の食べ物の準備に感謝致します。

子どもたちは、今年のスタートに目標を掲げました。
まずは当面の目標、九州U-12支部予選で勝つこと。
初戦の対戦相手には、全日支部予選で悔しい敗戦をしていることもあり、その初戦の勝利を目標に掲げる子たちも多かったです。
また、
「チームみんなでやり遂げたい!」
というキャプテンの言葉に強い思いを感じました。

その日は多くのOBたちとのサッカーを通じての交流を通して、現役勢門ウインガーも鍛えられました。

さすがに、フィジカル、スキル、スピード…全てにおいて、相手が格上…かなりの差を感じます。そうです。がむしゃらだけでは、到底通用しないレベルなのです。
そこで考えるべきです。
「じゃあ、どうやったら勝てるのだろう???」
子どもたちには、次のような言葉を伝えました。
「大人の考え方をすることが必要。現実的に考えてみよう。」
「勝てないところはどこ?」
「じゃあ、勝てそうなところはどこ?」
「自分たちのストロングポイントは何?」

サッカーは受け身のスポーツではありません。よって、自分から仕掛けることが何よりも重要です。だからこそ、自分がやりたいことを持っているかが問われます。どうやってゴールやチャンスにつなげたいのかイメージを具体的に持っていることが必要です。

しかし、「やりたいこと」それだけでは勝てません。「やらなければならないこと」ここが成長の鍵です。

ここに大人の考え方、現実的に考えることが関係してきます。


そして、それは具体的に何か。
子どもたちが自分から感じ取ることが何より重要です。キャプテンが言った
「チームみんなでやり遂げたい!」
このことをみんなで共有し、真の仲間として一歩、成長する年にしましょう。

間違いなく楽しいことばかりではありません。
しかし、目指しているのは高見です。
サッカーを楽しむことです。


今年も勢門ウイングスの「本気」の1年、「みんな」の1年、「技術」の1年に!


今年も勢門ウイングスをどうぞよろしくお願い致します!
 

2017年スタート

 投稿者:会長  投稿日:2017年 1月 3日(火)22時35分34秒
返信・引用
  本日、ウイングスの2017年がスタートしました。
指導者の皆様、それに沢山のOB、OBの保護者、そして保護者の皆様方、御協力と沢山の差し入れありがとうございました。

2016年は、チーム目標である県大会出場を果たしましたが、不完全燃焼で終わってしまい大変残念な結果となりました。そのショックを払拭しようともがいた12月でした。

今日の始め、目標を各自発表しました。
目標を達成するには、各自で努力し、チームメイトと切磋琢磨しないといけません。1人の力では大変難しいことです。
リフティングを目標に立てた選手もそうです。
アイツには負けたくない。アイツには抜かれたくない。そういう気持ちが競争力となっていき、チーム力の向上に繋がります。
練習からどんどんチャレンジし、本番で実力を発揮しよう。

2017年は、正真正銘の最高学年。
泣いても笑っても後1年。勝負の年。逃げるな。戦え。自分達でもう一度、県大会出場の切符を勝ち取ってください。

ウイングス関係者の皆様。今年も選手達への熱い応援を宜しくお願い致します。
 

今年もありがとうございました。

 投稿者:監督  投稿日:2016年12月31日(土)16時43分1秒
返信・引用
  平成28年がもう少しで終わります。
今年も本当にお世話になりました。また、勢門ウイングスを支えていただき、共に喜び、悩んでいただいたことに心から感謝しています。

勢門ウイングスのこの1年間は、挑戦あり、成長あり、悩みあり、試練あり… 本当に山あり谷ありのアップダウンの激しい1年間であったと思います。

6年生不在から、「U-12で勝つ!」を目標に位置づけてのチャレンジでした。

「4年生のサッカーでは勝てないぞ!」
「フィジカルに頼らず、スキルアップ!」
「見えないところを大事に、みんなでやり通すこと!」
「大切なことは、自分からやってみること!」

サッカーは相手のミスを待っていても勝利にはつながりません。自分から、ボールを奪い、ゴールを目指し、アイデアを出すことが必要不可欠です。

しかし、子どもたちにとってサッカーの本質、楽しさを学ぶことは、前に進めば進むほど未知の世界です…
当然、高見を目指せば、得られる喜びは大きくなる。それと同時にその難しさ、乗り越えていく壁はまた大きくなる。それもまた、当然です。

では、その壁を乗り越え、喜びや楽しさを味わうには、どうすればよいのでしょう。

サッカーには有名な格言のような言葉があります。
「サッカーは子どもを大人にし、大人を
紳士にする。」
もしかしたら、聞いたことがある方も多いでしょう。

実は、私自身この言葉の意味に気がついたのは、つい数年前でした。
子どもと大人の違いとは…
大人と紳士の違いとは…
それが自分が気がつくヒントでした。
それは、
周りの人のことを考えて行動出来るのが大人であり、自分のことばかり考えてしまうのが子どもということです。
さらに、周りの人のことを考えるだけでなく、さらに気遣いを行動にうつせるのが紳士というわけです。

子どもたちは、この相手のことを考える…この考え方に非常に悩んだと感じています。
先日、あるメディアの研修で聞いた話でも、「相手に共感することができない若者が増えている…」という話を聞きました。
自分を主張する事はもちろん大切ですね。しかし、それと同じくらい相手の立場に立って考えられることも大切なはずです。

子どもたちの心の成長を願います。
それは、今だけに限らず、子どもたちの人生において長く願うものです。

何かを経験し、乗り越えていく過程において、何かを自ら感じ取ることができる…そんな心を育てていきたいといつも思っています。
それは、サッカーを学ぶことよりも大切なことだとも思います。

ある対戦したチームの指導者にチームのスキルが高まっていることを賞賛したことがありました。するとその指導者は、
「今がピーク。伸びしろがない。」
と答えられたのです。
その指導者は、スキル的に伸びていても、人として成長しなければ伸び悩むことを私に教えてくれたのです。

そうやって今年一年も全力で前へ進んできました。
残念ながら、私自身の人としての成長が足らずに、チャレンジへの大きなチャンスも前に進めることが出来ませんでした。

来年は、子どもたちにとっても私自身にとっても、今年以上に大きなチャレンジの1年間となります。

心機一転、1からやり直しです。

共に前へ進み、最後には子どもたちと大きな感動を手にしたいと心から、そう思っています。


来年も、勢門ウイングスをどうぞよろしくお願い致します!
よいお年をお迎え下さい。

3日の初蹴りは、元気に会いましょう!

 

挑戦

 投稿者:会長  投稿日:2016年12月11日(日)23時39分57秒
返信・引用
  新人戦県大会の敗戦から1週間が過ぎました。
選手達にもまだまだ大きなショックが残るなか、九州大会に向け再スタートとなった2日間。自分は今日の試合しか見れませんでした。
1試合目。
間違いなく、元気もなく覇気も感じ取れない。ドン底の状態でした。選手達と再度目標の確認を行い、切り換えて行こうと話し合いました。
2試合目。
1試合目とは違う姿を見れ、ホッとはしたものの、まだまだ本来の姿ではない。
サッカーを楽しんでない。そう感じました。
試合の合間に、選手達とボールに触れ選手達から笑顔が出だしたことに本来の姿に戻りつつあるのかなと感じ取れました。
県大会のプレッシャーに苦しめられてたのかなとも思った瞬間でした。

みんなで悔しがり、みんなで乗り越え、みんなで成長し、みんなで挑戦する。
自分一人だけで苦しむ必要なんて無い。みんなで苦しみを共有し、喜びも共有する。それが仲間です。

一人はみんなのために。みんなは一人のために。

12月に入り、普段ではなかなか経験できない事が一気に押し寄せて来てます。ここでチームが結束し、みんなで確認した目標がぶれることなく、みんなで強くなろう。

更なる挑戦に向けての第一歩。
みんな逃げるな。みんなで戦え。

元気な姿を早く見せてくれ。
 

悔しく、苦しい数日…

 投稿者:監督  投稿日:2016年12月 8日(木)17時26分37秒
返信・引用
  勢門ウイングスの県大会へのチャレンジが終わってから数日が過ぎました。
いまだに悔しさやさまざまな後悔が次々に頭のなかを離れません。

子どもたちのチャンスは確かにありました…
しかし、子どもたちの県大会は、戦えないままに終わってしまいました。

なぜ…
何が足りなかった…
もっとできることはなかったのか…
何に気がついていなかったのか…
どんな練習をすればよかったのか…
どんなん言葉をかければよかったのか…

今更とってもいろいろな考えが頭を過ぎります。

最終的には、自分の力不足…
監督の責任です。

子どもたちの頑張りを生かせず、つなぐこともできず、
そのまま終わらせてしまいました。


会長から、子どもたちの次の目標に切り替えて、みんなで向かっていくことを再確認しあった話を聞きました。


自分と同じように、悔しい日々を過ごしている子どもたちや保護者の方々、スタッフもいることだと思います。


本当につらいですね。。。


しかし、前へ進むしかない。
自分たちで乗り越えていくとか、この気持ちをすっきりさせていく方法はないと思うのです。


週末には、また次の試合が待っています。

自分たちで一歩前へ踏み出そう。


また、子どもたちの「自分の意思の力」に頼るしかない…

そう感じて、共に戦う日を待ち望んでいます。
 

U-11 県大会

 投稿者:S.Wings熱血サポーター  投稿日:2016年12月 4日(日)19時50分40秒
返信・引用
  前週に監督の言われた通り 志を持って、他のチームよりみんなでの勝ちにこだわってください!決して弱いチームではないのですから。1人1人の考えが勢門ウイングスを強くします。今回は敗戦したけど、現実を受け止めて次の大会へつなげてください!  

新人戦県大会

 投稿者:会長  投稿日:2016年12月 4日(日)17時45分23秒
返信・引用
  本日、目標であった県大会が行われました。当初の目標の県大会出場は叶え、県大会優勝に目標をかえやって来ました。
しかし、目標とは裏腹に結果は出ない。内容も伴わない、試合が続いてました。
みんなで考え、みんなでやると決めた1週間前。それから何か変わったのか?やるんじゃなかったのか?
あの決意後の今日の試合。全く気持ちが伝わってこなかった。ホントに勝つ気があったか?出し切った敗戦であれば、掛ける言葉もある。けど、何もしてない。挑戦もしてない。
今日の敗戦を、悔しさを無駄にしないでください。
今日の最後に親に約束した事を忘れないでください。
県大会での借りは県大会でしか晴らせません。

一人一人が自立し、行動に移す。言われて動くうちは、いつまで経っても勝てないぞ!!早く気が付いてくれ!!

OB、保護者の皆様。沢山の方々の応援に応えることが出来ず申し訳ございません。この悔しさを糧に、きっと成長してくれることだと思います。これからも応援を宜しくお願い致します。

最後になりましたが、監督、コーチの皆様。
御指導してくださってるにもかかわらず、ベストパフォーマンスが出せなかったのは、1番のサポーターである親として責任も感じております。しかし、選手達は約束してくれました。必ずやると。

その言葉をサポーターとして信じたいと思います。まだまだ未熟な選手達ですが、これからも御指導を宜しくお願い致します。

まだまだ挑戦を続けましょう!!
 

新人戦

 投稿者:U  投稿日:2016年12月 4日(日)00時09分48秒
返信・引用
  さぁ行こう!
自分達が積み重ねて来た事を表現しに!!
成長したウィングスを見せる時がやって来た!!
 

県大会

 投稿者:会長  投稿日:2016年12月 3日(土)23時01分19秒
返信・引用
  いよいよ明日。勢門の魂を見せてくれ!!  

忘れられた志…

 投稿者:監督  投稿日:2016年11月23日(水)20時39分46秒
返信・引用 編集済
  今日、今年度の福岡県を代表するチームが決まりました。
全日本少年サッカー大会福岡県大会で優勝したのは、同じ筑前支部のバディFCです。

バディFCは、勢門ウイングスが十日後にチャレンジする九州ジュニア(U-11)サッカー大会福岡県大会で三年連続優勝という偉業を成し遂げ、今日、また全国大会へ出場することを決めたのです。

考えてみて下さい。
バディFCは、きっと九州ジュニア(U-11)サッカー大会福岡県大会の四年連続優勝を目指して、猛練習の日々を送っていることでしょう。そして、1年後の全日本少年サッカー大会においては、きっと「自分たちも全国大会に行くんだ!」と6年生の今日の姿を目の当たりにしながら、強い決意を持ったにちがいないと思います。

バディFCは確かにとても強いチームです。
しかし、バディだから強いわけではなく、バディだから勝てるというわけではなく、その強さと勝利の理由には、高い目標にチャレンジしていこうとする高い志があり、その志を忘れることなく、日々積み重ねられた練習があるからだと思います。

勢門ウイングスは、今回、筑前支部代表として、九州ジュニア(U-11)サッカー大会福岡県大会へ臨みます。勢門ウイングスの立場は、筑前支部予選1位です。メンバーや学年は違えどそのバディFCを倒しての優勝を成し遂げたのです。

優勝を成し遂げたあの日、子どもたちの志は、バディFCと同じだったはずです…

十日後に始まる県大会に向けて、子どもたちの練習に対する意識は、果たして今、どこに向かっているでしょうか。
県大会優勝?
九州大会出場?
それともベスト8?
まずは1勝?
楽しめればいい…


勢門ウイングスの子たちの中に1年後の全日本少年サッカー大会でどんな自分たちをイメージや志をはっきりと言える子たちは何人いるでしょうか… そして、何を目指して過ごすのか…


勢門ウイングスは、「本気で」「みんなで」「技術で」が柱です。


今、どれも中途半端なまま…

「本気で戦う」には、みんなの志が必要、確かな技術が必要
「みんなで戦う」には、本気の決意が必要、確かな技術が必要
「技術で戦う」には、本気の決意が必要、みんなの志が必要

忘れられた志…
遠ざかるみんなでつかんだチャンス…
悩んでいても行動は、ちくはぐ…


やるべきことを明確にし、どんなときもやり通す…それが強いと言うこと


見えないものこそ大事…

見たいものだけを見ようとするのではなく、見えないものを見ようとすることこそ大切です。
目を背けているから見えなくなっていることもあります。
本気なら、向き合う勇気があるはず。
本気なら、失敗なんか関係ないはず。



本気が試される県大会前の最後のチャンスです。


 

目指すものに見合うものを…

 投稿者:監督  投稿日:2016年11月15日(火)23時15分7秒
返信・引用
  今日はナイター試合でした。

結果だけで言うなら、1敗2分け
0-2、0-0、2-2
GK不在だったから…
そんなふうに考えているのなら、目指す勝利は遠のくばかりとなるでしょう。

子どもたちは頑張っていないか?と尋ねられれば、頑張っていると答えます。
しかし、これでよいのか?と尋ねられれば、だめだと答えます。

勢門ウイングスの志は高いです。

ならば目指す内容も取り組む姿勢も高い志に見合ったものでなければならないはず…

自分のやるべきことと自分がやっている姿とを比べてみることが必要です。

難しいことですが、必要です。


そこがずれています。

うまく行っていないのではなく、やるべきことがずれています。


もう一つレベルアップしなければなりません。


そこに目を向けなければ、勝利は遠のくばかりとなるでしょう。


それが九州大会U-12支部予選で戦える力へつながるものになることでしょう。


自分の足りなさと向き合うことが必要です。

田中コーチに教えてもらった、【行動で示す】
そして、【自分から】がまだまだ勉強不足です。


さぁ、まずはそこから始めよう。
 

U-12へのチャレンジから…

 投稿者:監督  投稿日:2016年10月30日(日)20時36分27秒
返信・引用
  全日支部予選【2次】

第①試合 1 - 4 負け
第②試合 1 - 3 負け

全日支部2次予選敗退という結果に終わりました。
勢門ウイングスを支え、応援してくれたみなさん、本当にありがとうございました。


試合を重ねるごとに、やるべきことに向き合う姿が観られ、内容のよい試合がふえてきました。
先週の敗戦の課題から、守備の練習に取り組み一週間を過ごしました。その成果は間違いなく試合に表れました。
第①試合の前半終了間際の同点ゴールは、何人もの選手たちのチャレンジがつながった素晴らしいゴールでした。
もしかしたら、失敗するかもしれない…という弱気な心より、自分がやるんだ!というゴールを目指す心が上回った感動的なゴールでした。

では、なぜ…
高いU-12県大会レベルのチームの壁
フィジカル…
スキル…
パワー…
スピード…
その差、その大きさは分かる… いや、最初から分かっていること。

それでも、決めたチャレンジ。
掲げた目標…


まだまだやり通すという点では、課題と悔いが残る敗戦となりました。

2試合目の残り10分間…
気持ちの見えたゴール!
最後まであきらめない攻撃の姿勢…

でも、あれは勢門ウイングスの目指すサッカーじゃないぞ!!

【本気で】
【みんなで】
【技術で】

勢門ウイングスの根をもう一度確認しよう!



この敗戦を忘れるな!
絶対に無駄にするな!
感じろ!
心に刻め!
考えろ!
逃げるな!
向き合え!

自分の失敗と向き合うことができなければ、また、同じ失敗を繰り返すことになる!

自分たちは勢門ウイングスだ!
志は高い!



11月をどう過ごすか自分を見つめ直せ!

新人戦県大会では、最後の最後まで、みんなで戦い抜こう!



実力の差は努力の差

実績の差は責任感の差

人格の差は苦労の差



判断力の差は情報の差

真剣だと知恵が出る

中途半端だと愚痴が出る

いい加減だと言い訳ばかり



本気でするから

大抵のことはできる


本気でするから

何でも面白い


本気でしているから

誰かが助けてくれる



- 作者不詳 -



 
 

挑戦!!

 投稿者:会長  投稿日:2016年10月30日(日)19時20分17秒
返信・引用
  ウイングストップチームの挑戦が一旦終了しました。
春からスタートした挑戦。何度も何度も言われた課題【自分から】。厳しいと言われるかもしれません。しかし、ウイングスのトップチームである子供達なら出来ると分かっているからこそ言います。

まだまだ足りない!!まだやれる。何度も躓き、何度も這い上がって来たからこそ、今回挑戦が出来た。やってきたことは間違ってない!良かった試合も何度も見てきた!選手みんな一人一人が頑張ればやれるんだ。最後の最後まで戦え!走れ!!

全日の挑戦は今日で終わりましたが、サッカー選手としての挑戦は終わったわけではありません。更なるレベルアップ、更なる挑戦。まだまだ挑戦は続きます。今回の敗戦から自分でヒントをつかんでください。反省も必ず必要です。
君達なら出来る!!

最後になりましたが、全日挑戦のステージを用意してくださった指導者の皆様。本当にありがとうございました。悔しい結果になりましたが、得るものがかなりあった挑戦でした。これからも御指導宜しくお願い致します。

そして、応援をしてくださった志免Jr.の選手、保護者の皆様。本当にありがとうございました。声援に答える事が出来ずに申し訳ありません。3日の健闘をお祈り致します。

ウイングスの選手達。更なる挑戦を期待しています!
 

全日支部予選【1次】

 投稿者:監督  投稿日:2016年10月23日(日)22時36分39秒
返信・引用
  いよいよU-12へのチャレンジ!

初戦、0-4 で善戦虚しく敗戦…

試合内容は決して悪くなかった。
戦えないままにフィジカルに圧倒された一年前とは全く違う展開で試合をすすめることができた。

しかし、これがU-12の壁…
乗り越えるべきフィジカル差の課題


じゃあ、試合内容が悪くなかったはずなのに、なぜ…


そこがもっと強くなるために学ぶべき部分がある。


失点のきっかけは?
追加点をたて続けに許したのは何が変わったからか?
足りないスキルは?
出来ていない連携は?
気がついていないことはないか?

勝ち上がるためには、精一杯のはずの自分が見えていないものがまだある… 必ずあるはず!


来週はもっと厳しい戦いが待っています。


この一週間をどう過ごすか…


やっぱり【自分から】


何をやるべきなのか、それを明確にさせることから…


そこがはっきりしていれば、しているほど強く徹することができる。


まずはそれから…



 

挑戦

 投稿者:熱狂的サポーター  投稿日:2016年10月23日(日)03時42分30秒
返信・引用
  いよいよ勝負の時!
一人一人が気持ちを出せば、どんな相手でも戦える。

とりあえず今日という日を完全燃焼しよう!

頑張れ!ウイングス!!
 

全日支部予選始まる!

 投稿者:監督  投稿日:2016年10月22日(土)20時54分48秒
返信・引用
  いよいよ、U-12へのチャレンジです。

相手にとって不足は無いどころではありませんが、やるべきことと向き合えれば、戦える可能性あります。

声で負けるな!
球際で負けるな!
簡単にウラを取らせるな!

前へ!前へ!前へ!

みんなで前へ!


明日の初戦は、昨年の新人戦の敗戦した相手です。
自分たちがどれだけ前へ進めたか…

それは【自分から】踏み出した一歩の分だけ。


みんなで前へ進もう!


自分たちがやるべきことをやり通した方が前へ進めることを決して忘れるな!
 

足踏み。。。

 投稿者:監督  投稿日:2016年10月15日(土)19時59分44秒
返信・引用
  今日は全学年での佐世保遠征でした。
朝早くから車出しありがとうございました。

来週の全日支部予選に向けて、よい機会となりました。

気になる内容ですが…

U-11との対戦は、結果は出たものの相手に合わせてしまう悪い癖がまだまだ残ります。
今年度の目標は「U-12で勝つ」です。
来週の厳しい予選を勝ち抜くためには、U-12を想定した試合内容が求められます。

まだまだ、甘さが残る…

目の前の状況でしっかりと判断したプレイを行うことはもちろん大切です。
しかし、それだけでは不十分!

今のプレイでU-12に通用するだろうか…
どんなやり方で勝負すればU-12とも戦えるだろうか…
U-12のフィジカルに対抗できる戦い方は…

そんなことをイメージして、自分たちのプレイを引き上げていくことが必要です。


目の前のものが見えないものに目指すもののイメージはもてません。

どうしたいのかが明確でないものに、どうすればよいかも見えてきません。


【自分から】とはなかなか難しいことです。
苦しいときもある…
うまく行かないときもある…
つらいときもある…
悩むこともある…
しかし、そこにこそ、自分が成長するヒントがある。
そこにこそ、自分がやるべきことがある。

だから「やってみること」を選んで、チャレンジするしかないのです。

それが強くなるための一歩


みんなで勝負する仲間の力で勢門ウイングスは、勝負します。

共に乗り越えよう!

その輪を自分が支えている重要な1人であることに誇りがもてないうちは、自分のことしか見えていないということ。

自分で乗り越えよう。

人からやらされた結果ではなく、自分からの一歩に真の成長があります。



また、下の学年の子どもたちには、サッカー選手の責任について話しました。
「サッカー選手は試合を休まない。練習を休まない。」
「サッカー選手は出来るまで諦めたりしない。」



数少ない勢門ウイングスの低学年の選手たちが、大きく、強く成長してくれること、その輪が広がり続けていくことを願います。


勢門ウイングスの選手の志を高学年の選手たちの頑張る背中で見せていって欲しいのです。


頑張りどころです。
よろしくお願い致します!




 

苦しい今こそ、試されるとき…

 投稿者:監督  投稿日:2016年10月11日(火)10時04分34秒
返信・引用
  篠栗町長杯も応援ありがとうございました。
今回の大会では、ひとつ目標を達成した今、満足感を得る試合や結果に知らず知らずのうちに高いハードルを設定していることに気が付いたことでしょう。
結果を先に掴むということは先に責任を背負うという苦悩と向き合うことです。
志をさらに高くした勢門ウイングスは、その高さとやるべきこととのギャップの中で苦悩しています。

これから、大人(サポーター)が見据えておかなければならない考え方を示します。

さらなる苦労に直面したときに、その苦労にどう向き合ったかによって、その人自身の生き方、考え方が定まっていきます。


「若いうちの苦労は買ってでもしろ」という言葉があります。これは若いときの苦労が〝ブレない生き方〟を確立するうえで欠かせない学びとなるからだと思います。

この子どもたちは、前に進む気があるからこそ、グランドに足が向かいます。どの子も練習や試合を休みませんね。
そんな子どもたちを最高にリスペクトします。
だからこそ、ブレない大人たちが、決して子どもたちの可能性を諦めることない環境にして、子どもたちを支え導き続けていきましょう。


子どもたちは、まだまだ受け身です。


【自分から】の本質に気が付いていません。


自分に出来ることはなにかないのか…
その一歩が行動で示すことにつながり、子どもたちの感性を磨きます。

心を育てます。


とても簡単なことからでいい。
サッカーに関係あることでなくていいので、【自分から】の行動を日々、継続し、積み上げていくことが自信を育て、自立心を高めることになるのです。


今、ひとつ高い志を掴んだチームの中で試されているのは、子どもたちだけではないということです。


勢門ウイングスは、「子ども」と「保護者」そして、「指導者」の三者でサッカーを本気で楽しむチームです。


共に子どもたちを支え、導きましょう。

よろしくお願い致します。




 

続 挑戦!

 投稿者:監督  投稿日:2016年10月 8日(土)18時00分34秒
返信・引用
  全日の順位決定戦、最終結果がでました。

花鶴3-1勢門
小野0-1勢門
勢門2-0原田
小野0-1原田
花鶴1-0原田
花鶴1-1小野

9位 花鶴
10位 勢門
ーーーーーーー
11位 原田
12位 小野


ここからが、勢門ウイングスの勝負です。
チャレンジのスタートラインです。

U-12へのチャレンジ。

今年、学ぶべきものはここにある。


さぁ【自分から】


やるべきことは何か!?
向き合うべきことは何か!?

それがはっきりと気が付けたら、必ず大きな成長となってくるはず…

さぁ、まずは明日からの町長杯でチャレンジです。

 

挑戦

 投稿者:会長  投稿日:2016年10月 2日(日)23時08分25秒
返信・引用
  10月1日(土)。新人戦の決勝トーナメントが行われました。苦しい試合でしたが、なんとか筑前支部のトップに立つことが出来ました!!県大会出場、筑前支部優勝共に12年ぶりだそうです。

これも日頃から御指導してくださっている監督、コーチ、OB、そして、保護者の皆様の御協力のお陰です。ありがとうございます。
これからも宜しくお願い致します。
そして、ウイングスを応援してくださった他チームの選手、保護者等の皆様ありがとうございました。
こんなに沢山の人のサポートがあるという事にウイングスの選手達は感謝の気持ちを持ってください。
そうすればもっと頑張れるハズです。

支部のトップになったという事は、凄いことではありますが、それなりの責任がついてきます。恥ずかしい試合は出来ません。支部代表の自覚、誇り、プライド、しっかり持って【自分から】行動すること。
これから挑戦するステージは厳しいところです。
今のままでは絶対に勝てません。
後悔しないためにもサッカーバカになれ!!

どんどん挑戦しよう!県大会で大暴れする姿を期待しています。
 

「自分から」最初の一歩を!

 投稿者:監督  投稿日:2016年10月 1日(土)07時35分8秒
返信・引用
  いよいよ、今日、明日の決戦の場が整いました。


さぁ、見据えるべきはどこか…そこも重要です。

そこも試されるところです…


U-12こそ、6年生に勝つことこそ、本来に立てた目標です。そのことを子どもたちに見失わないよう教えます。

U-12で勝てる戦い方こそが、勢門ウイングスがU-11での高見を目指してで戦えることを意味します。


よろしくお願い致します!


そして、今日は誰の、どんな、「自分から」が観られるか…  いや、違います!

勢門ウイングスが目指しているのは、「みんなで」やる「自分から」です。


さぁ、やろう!

もう一歩、前へ踏み出そう!!

最初の一歩は必ず「自分から」の一歩でなきゃ意味がない!!!



行動で示せ!!!
 

おめでとうございます

 投稿者:Tパパ  投稿日:2016年 9月25日(日)23時06分17秒
返信・引用
  12年ぶりの県大会出場おめでとうございます。
ジュニアアスリート!君たち凄いよ!12年ぶりだよ!おめでとうー!
一人前のアスリートになるには、、、一番大切なのは何か?それは感謝なんです!レフリー、今までの対戦相手、監督、コーチ、お母さん、お父さん、色々な人に感謝してください!
君たちが感謝した方々の思いをその思いをぶつけてください!そうすれば必ずいい結果でます。必ず!
 

感謝

 投稿者:Tコーチ  投稿日:2016年 9月25日(日)15時03分51秒
返信・引用
  チームは県大会出場を獲得できました!皆様の支えなしではあり得ません。
勢門ウイングスに関わるすべての人達に…

ありがとうございます!
 

新人戦

 投稿者:会長  投稿日:2016年 9月25日(日)13時01分27秒
返信・引用
  御報告させていただきます。

この度、新人戦での県大会出場を決めました!!
日頃から御指導をしてくださっている監督、コーチありがとうございました。
そして、わざわざ足を運んでくださり応援と差し入れをしてくださった、宇美Jr.さん。
本当にありがとうございました。
チームが苦しいときの声援がとても心強かったです。
これからも切磋琢磨し、お互い頑張りましょう!

これからは厳しい試合が続きます。
今のままでは絶対に勝てません。
【自分から】この課題に向き合い、自分の不足しているところを考え、行動に移す。
どんどんチャレンジしていきましょう!

県大会での活躍を期待しています!
 

レンタル掲示板
/28