teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


戦艦と航宙艦の部隊

 投稿者:ヴェルフェン  投稿日:2019年 6月19日(水)23時55分45秒
  大航海時代みたいなノリで戦艦と航宙艦(と降下船)を運営する傭兵海軍部隊、みたいなネタは前に知り合いと出た事がありました。星間連盟艦隊の生き残りで中心領域版シーフォックスみたいな感じです。
コムスターのカバー会社も兼ねてて(そうしないと攻撃されそう)、戦艦の類は氏族の攻撃までずっと封印していたみたいな経緯が考えられてました。
なお戦艦1ダース航宙艦数十隻以上抱えて傭兵している勢力ってただの国家では?という話に。領土の一つも持っているでしょうしね。
ブレイクに関しては「実はこいつらの本拠はファイブの一つ。つまりブレイクと戦いつつも裏ではマスターと組んでいたんだよ!!」「な、なんだってー!?」という解決案が提示されていましたw
 
 

アライアンス級造修ステーション

 投稿者:Rs  投稿日:2019年 6月 8日(土)19時55分12秒
編集済
  http://www003.upp.so-net.ne.jp/Irregulars/Fighter_Data/alliance_class.htm

更新。主に降下船の建造や修理に使われているアライアンス級造修ステーションです。
この種の宇宙ステーションはラグランジュ・ポイントや惑星の周回軌道に置かれているそうです。そして、他の部品を製造する工場ステーションや作業員用のハビタット・ステーションとペアを組んでいる事が多いらしいので、単独でいるアライアンス級を目にする事は珍しいのかも知れません。


>ほまさん
ブルースター・イレギュラーズやウルフ竜機兵団といった傭兵部隊が戦艦を持っていましたがその後に碌な目にあっていませんので、過ぎたる武力を持つのはリスクが高いみたいですね。
それから、他の航宙艦で水耕プラントを搭載しているものもあるそうですが、インベーダー級ほど完全自動化されているものは余りない、との記述があるソースブックにありますから、インベーダー級はある種のブランドを確立していると言えそうです。
 

ロマンだけど…

 投稿者:ほま  投稿日:2019年 5月23日(木)09時18分0秒
  戦艦使ってみたいけど人員や設備や弾薬の維持が困難で傭兵部隊じゃちょっと…って感じなのか辛いですね
トランプ級で妥協も考えたけど見てみるとインベーダー級でいいやってなっちゃうし
新鮮な野菜は魅力的過ぎる…
 

バスチャン級星系防衛ステーション

 投稿者:Rs  投稿日:2019年 5月 9日(木)22時56分19秒
編集済
  http://www003.upp.so-net.ne.jp/Irregulars/Fighter_Data/bastion_class.htm

更新。星系防衛用に置かれているバスチャン級宇宙ステーションです。
バトルテック世界の防衛用の宇宙ステーションは、大体はゼニス・ポイントやナディール・ポイント等々の移動上の要所、惑星を周回する種々の軌道に置かれているそうです。
バスチャン級は某イゼル○ーン要塞やデ○スターとかとは異なり、対大型艦用のキャピタル・ウェポンは搭載しておらず攻撃力はそれ程ではありません。
対艦能力を持った要塞は他に存在しており、バスチャン級は恐らく気圏戦闘機や降下船の活動のバックアップをする宇宙での根拠地といった性格が強いユニットではないかと思われます。
エアロテック2のデータではバスチャン級は30000tまでの収容能力を持つ与圧型の降下船修理施設を2基持っているとされており、これは軍用降下船の殆どを修理できるものですから。

ところで、このバスチャン級での勤務は人気のないものであるとの記述がありますが、後の時代に登場するバトルサットとかと比較するとかなり良い環境ではないかと思います。バトルサットへの配置は懲罰任務にしか思えませんから(笑)


>RizaSTARさん
通信機器に関する下の書き込みですが、私がゲームルールから読み取ったものにもとづいています。
ゲームルール的には両者の性質/性能はかぶる部分が結構ありますので、こう比較してみた、といった感じです。
バトルテック世界の実際では当然扱いが違うでしょうから乱暴な話ではありますが、まあ御容赦を。
 

Re:コクピット・コマンドコンソール

 投稿者:RizaSTAR  投稿日:2019年 5月 9日(木)20時33分0秒
  ざっとSarna.netでみた感じですが、コクピット・コマンドコンソールは通信士官を専用の副座席に置いて、通信管制に専念させるための装備に見えます。
一方通信機器はあくまで通常の通信能力を向上させるもので、指揮官単独で操作するもののように見えます。
なので、上位/下位互換というより、全然役割の方向性が違うのではないかと思いますがどうでしょう。
 

通信機器

 投稿者:Rs  投稿日:2019年 5月 7日(火)22時45分0秒
  ツイッターの方に書くのは長くとりとめがないのと、偶にはここも使わないと、という事で徒然に書き込み。
“Turning Points: War of 3039 Vega”で出たドラコ連合のウォーハンマー・オレスコの搭載装備について面白いと思いまして、ちょっとした考察/感想もどきを。


“Turning Points: War of 3039 Vega”のウォーハンマー・オレスコですが、SRM6と小口径レーザー降ろして4tの通信機器を搭載したWHM-6Kの改造型です。
これは近距離火力は低下していますが弾薬非搭載で耐久力自体は上がっているので指揮官機としては悪くないものでしょう。
ただ、ここで疑問が生じます。3039年でその4tの通信装備は搭載する価値がある妥当な装備なのか、と。

3039年ですと、この通信機器の競合装備としてはコクピット・コマンドコンソール(3030年頃に復活)、対抗装備としてはEW装備(3025年に完成)が存在しています。
この内のEW装備はカペラ大連邦国の独自技術なので他国では入手困難なのと有効範囲が狭いのでドラコ連合の脅威には余りならなく、とりあえずは無視していいものかと思われます。
コクピット・コマンドコンソールについては、その重量は3tで戦闘へのボーナスと追加機能も通信機器(4t)と同等もしくはそれ以上のものを持っており、通信機器(4t)のほぼ上位互換の装備と言えます。
ただ、コクピット・コマンドコンソールの価格50万Cビルに対して、通信機器(4t)の価格は4万Cビルと、かなり安価です。
コスト面に関しては、通信機器(4t)はコクピット・コマンドコンソールに対して優位に立っており、それで採用する価値はありそうです。


バトルテック・ボードゲームのルール上では、通信機器(4t)はアドヴァンスト・ルールに分類されるものですが――

*部隊のイニシアチブ決定の際に+1のボーナスを得る。
*サテライト・アップリンク可能。
*ガーディアンECMの半分の威力のECCMを発生できる。
*ダブルブラインド・ルール下でボーナスを得られる。
(*通信機器の重量を更に増加させた場合、サテライト・ハックの実行やゴースト・ターゲットの発生も可能。)

――等々の利点を得られます。

一方、コクピット・コマンドコンソールは――

*部隊のイニシアチブ決定の際に+2のボーナスを得る。
*サテライト・アップリンク可能。サテライト・ハックは不可。
*ガーディアンECMのものよりも精度の高いゴースト・ターゲットの発生可能。
*ダブルブラインド・ルール下でボーナスを得られる。
*デュアル・コクピット的な運用が可能。

――等々の利点を得られます。

両者を比較すると、純粋な戦闘面ではやはりコクピット・コマンドコンソールが強いです。しかし、通信機器(4t)は安価かつ入手難易度がそれなりに低い装備でありながら様々なボーナスを得られるという強みがあります。
通信機器(4t)は継承権戦争時代でも搭載する事が可能ですから、メックの搭載量を4t犠牲にするのは痛いとはいえ搭載する価値はそれなりにあると思われます。
欲を言えば通信機器(7t)の方が性能は高くそっちの方を搭載したい所ですが、さすがに7tは移動司令部車輌にでも搭載を任した方が良いように思えます。
長々と書きましたが、個人的な結論としては通信機器(4t)のメックへの搭載はありなものですね。ガーディアンECMとかが登場してくると運用が苦しくなりますが。

以上、とりとめのない書き込みでした。
 

過剰放熱器

 投稿者:Rs  投稿日:2019年 4月15日(月)23時18分54秒
  言われてみますとあのミュール級の放熱器数は過剰ですね。
エアロテック2/トータル・ウォーフェアのルールですと兵器の射撃とエンジン損傷以外で熱が発生する事は基本的にないので、兵器が発生させる以上の放熱器を搭載するのは無駄に思えます。

……敢えてそれに利点を見出すとすると、ルール上はキャピタル・ウェポンでの攻撃で致命的命中を受けた場合は放熱器が10基破壊されますので、それに対する放熱の安全マージンを多少確保できる、といったものでしょうか?
降下船の過熱射撃はできればやりたくないものですから、それを避ける為に、と。
ここまで書いて何ですが、ちょっと苦しいですね(笑)
 

Re: ミュール級ポケット戦艦

 投稿者:RizaSTAR  投稿日:2019年 4月15日(月)01時00分42秒
  更新お疲れ様です。Qシップは現代で言うところのミサイル駆逐艦みたいな感じなんですかね...
準艦載砲を乗せるのは仮装艦にとって結構(カモフラージュが)面倒なのかもしれませんが。

しかし放熱器が160基(倍放熱器で320放熱)の割に、発熱は全方向斉射しても255で相当放熱過剰な気がしますがなにか理由であるんでしょうか。気圏戦闘機も直掩で出れることを考えると、放熱器の20か30は潰して良さそうなもんですが(もっとも、潰した重量で何ができるわけでもないのでしょうが)。
 

ミュール級ポケット戦艦

 投稿者:Rs  投稿日:2019年 4月14日(日)23時15分11秒
  http://www003.upp.so-net.ne.jp/Irregulars/Fighter_Data/mule_class_pocket_warship.htm

ちょっと更新しました。ワード・オブ・ブレイクのポケット戦艦型のミュール級です。
どうやら星間連盟期に作られていたものが、このワード・オブ・ブレイク版のもののベースとなっているそうです。
星間連盟期のミュール級ポケット戦艦については、(恐らく)明確な記述が今の所は余りなく、謎めいた存在です。
もしかすると、星間連盟期の改装型ミュール級こそが最初の降下船のポケット戦艦と言えるものなのかもしれませんね。
 

Re:レパード級ポケット戦艦

 投稿者:RizaSTAR  投稿日:2019年 2月23日(土)14時14分30秒
  更新お疲れ様です。
対艦装備がキラーホエール-T「だけ」ってなんというか宇宙魚雷艇?みたいなイメージですが・・・これでもポケット戦艦と称して実際に広義の戦艦にも驚異なんでしょうね。インベーダー級航宙艦に3隻くっつけるとかを単位で運用するのかな。

個人的に気になったのはその運用人数の少なさ(10人!)でしょうか。まぁ通常単独航宙しない前提(戦場にいるか、航宙艦とドッキングしてるかでしょう)とはいえ、士官2人ってことは常勤2交代(士官+兵員2+砲手2)か・・・と思うとこじんまりにもほどがあるような気がしてなりません。まぁ逆に言うと数さえ用意できれば要員が不要(人材育成が要らない)というの利点でもありますが。WoBが重用したのはそういう話もあるのかも?
 

レンタル掲示板
/142